アンティーク家具を選ぶときにチェックしたいこと

部屋全体の雰囲気に合うものをチョイスしよう

アンティーク家具を選ぶときには、実用性や形状ばかりでなく、部屋全体の雰囲気に合うかどうかじっくりと検討をすることがおすすめです。また、他のインテリアとの相性の良し悪しについては、室内の調和を考えるうえで重要なポイントとなるため、日頃から必要な知識を身につけることが大切です。最近では、初心者でも比較的扱いやすいミニテーブルやチェアなどのコンパクトなアンティーク家具が広く出回っており、一戸建てから賃貸マンションまで様々なところに住んでいる人から注目が集まっています。なお、一つのアンティーク家具を寿命まで使い続けたい場合には、家庭内でのお手入れの仕方や、大掛かりなメンテナンスの必要性についても購入前に確認しておきましょう。

なるべく耐久性の良いものを選ぼう

アンティーク家具は、製造から数十年から百年ほど経過しているものも少なくなく、購入時にすでに経年劣化が目立つものもあります。そうした中、日常生活の中で通常の家具と同じように使いたい場合には、デザインの美しさだけでなく、耐久性の良さも重視して製品選びをすることがおすすめです。例えば、マホガニーやオークなどの頑丈な木材で製造されたアンティーク家具については、使用方法を誤らなければ、半永久的に使用できるものも珍しくありません。その他、製品ごとの耐久性の良し悪しを判断するにあたり、仕事や家事の空いた時間を使って身近なインテリアショップに出向いて、自分の目で気になる製品の状態をチェックすることが大切です。

© Copyright Restoring Antique Furniture. All Rights Reserved.