初めての方にもおすすめのアンティーク

小さくて軽いものを選ぶ

どのアンティーク家具を選ぶのかによってかなり違うのですが、たっぷりと木材が使用されている場合があります。それは木の伐採量に制限がなかったり、今のようにいろんな材料がなかったりした時代に作られているからです。そのため同じ大きさだったとしても、最新のものよりアンティーク家具の方が重たいといったケースが多いです。そのようなアンティーク家具を選んだ場合、畳の部屋だと跡が残ることがあるのです。フローリングなら、床を割ってしまうかもしれません。賃貸だと退去する際に余分なお金が発生してしまいます。そこで軽くて小さいアンティーク家具を選んでおきましょう。これなら部屋を傷めにくく、部屋の模様替えする場合でも簡単に行えます。

買う前に必ずチェックしておきましょう

明確な定義はありませんが、基本的にアンティーク家具は作られてから数十年、場合によっては数百年ほど経過しています。おまけにその間に何人も使用しているなら、多少の傷があるのは仕方がありません。むしろアンティーク家具の場合は、使い込まれているものの方が好まれることがあります。ただし初心者がアンティーク家具を買うのなら、しっかりと傷のチェックをしておかなければいけないです。理由は大したことのないものだと思っていても、使用するのに不具合が出るほどの傷である場合があるからです。するとすぐに修理をする羽目になるのです。中でも害虫に食われているものは、購入金額よりも修理代の方が高くなるかもしれないので注意が必要です。ただし素人では傷を見ただけでは深刻なものかどうかが判断できないため、最初はできるだけ傷みが少ないものを選んでおく方が良いでしょう。

© Copyright Restoring Antique Furniture. All Rights Reserved.