アンティーク家具とはどんな家具?

アンティーク家具とは

アンティークとはフランス語で「古美術」や「骨董品」という意味の言葉です。つまり、アンティーク家具とは骨董品のように古い家具のことを言います。
定義としてはアメリカが1934年に制定した通称関税法の中で「製造されてから100年以上経過した手工芸品、工芸品、美術品」をアンティークと規定しています。その規定に合わせて100年以上前に作られた家具のことを「アンティーク家具」としています。ただし、アンティークが生活に密着しているヨーロッパでは明確な定義はされていないのが現状です。
年代によってアンティーク家具の特徴は異なります。時代の様式によって家具の雰囲気は大きく違ってくるため、アンティーク家具を部屋に取り入れたい場合には、自分の部屋の雰囲気に合った年代の家具を取り入れることをオススメします。

ビンテージ家具について

アンティークは100年以上昔のモノのことを指しますが、100年経っていない昔の家具のことはビンテージと言います。
ビンテージとアンティークは一緒にされがちですが、アンティークと区別するために製造後100年以下であっても価値の高い貴重なもののことを「ビンテージ」と呼ぶようになったのです。
アンティーク家具と同様に、ビンテージ家具は人気でありレトロな雰囲気で人気になっています。
実際のところアンティーク家具として売れるのは1920~30年代の家具だとされており、分類的にはビンテージになります。この年代に作られた家具のデザインは美しく、機械化されているため美しいデザインの家具が量産されるようになったため美しい家具が数多く残っています。

© Copyright Restoring Antique Furniture. All Rights Reserved.